スタッフ紹介

靴フロア

POSCのスタッフは全員神戸医療福祉専門学校を卒業した足と靴の専門家です。
皆さんが快適に歩いていただけるように、力いっぱいサポートしていきます。

整形靴技術者

整形靴技術者

渡部 匡朗(ワタナベ マサオ)
日本靴医学会員 日本整形靴技術協会 会員

僕は小学生の時に初めて買ってもらったサッカースパイクの不適合が原因で、右足に成長障害を患い、2年間装具をつけた経験があります。
お客様の靴選びや靴作成の際のカウンセリングには、とにかく時間をかけてじっくり足を観察します。1人でも多くの方が快適に歩いていただけるように、足のトラブルについてのご相談も聞かせて頂きますので、お気軽にご来店下さい。

整形靴技術者

整形靴技術者

森 恵理子(モリ エリコ)

私は小学生から高校を卒業するくらいまでインソールを使用していました。
軽度の外反母趾による足の裏の痛みがあったのですが、足に合った靴を選び、インソールを入れることで、日常生活がすごく楽になったのを覚えています。
お客様に、より快適な生活を送って頂けるよう、靴を通してサポートしてまいりたいと思います。どんな些細なことでも、お気軽にお聞かせください。

整形靴技術者

整形靴技術者

足立 佳太(アダチ ケイタ)
義肢装具士

私は靴好きの祖父から「靴はいいものを履きなさい」と聞いて育ちました。このことが自分なりに「いいもの」を考え始めるきっかけになったのだと思います。ただ、履いてきた既製靴は長いこと、どれもどこかが強く当たるか絞まりすぎるかして長い時間履けなかったり、足が痺れたり傷ができたりと必ず何らかの問題を抱えてきました。
そんな中で自分専用の型を使った靴を履く機会に恵まれて、完成したものに足を入れ、歩いた瞬間に感動したのをよく覚えています。自分にとっての「いいもの」にやっと出会えた瞬間でした。
その靴は今でも、修理をしながら大事に履き続けています。
私がその靴に出会ったように、お客様にとって快適な靴を実現するためのお手伝いをさせて頂きたいと思います。ご来店を心よりお待ちしております。