スタッフ紹介(はりきゅう)

鍼灸フロア

【鍼灸師とは】

はり師・きゅう師の資格は鍼灸師になるために取得が必要な資格であり、これらの資格を持った鍼灸師が鍼治療や灸治療を施すことができます。それぞれが業務独占資格の形を取っていて、はり師であればはり業、きゅう師であればきゅう業を行うことができる国家資格です。

POSCの鍼灸師は全員女性です。女性ならではの柔らかい雰囲気の治療院です。
あなたの健康・美容のよきアドバイザーでありたいと考えています。
体や心、美容に関することまで私たちになんでもご相談ください!

鍼灸師

鍼灸師

阪本 尚美(サカモト ナオミ)
はり師・きゅう師(国家資格)|鍼灸教員養成課程卒業

子供の頃に捻挫で鍼灸を受けたのが私の鍼灸初体験です。それからは部活で膝を痛めたなどはっきりした症状がないと行かなかったのですが、十数年経った今は健康づくりのために週一で治療をしてもらっています。定期的にしてもらって感じるのは、頭痛や腰痛などはっきりした症状ではなく、日々の忙しさから、なんか体がだるい、すっきりしないという時でも、治療を受けたあと体の調子がよくなるということです。効果を感じた時、鍼灸ってすごい!と今でも感動します。 皆様に鍼灸に出会えて良かったと思っていただけるよう、治療はもちろんのこと健康な体づくりまで細かいところもサポートをしてまいります。

鍼灸師

鍼灸師

北野 由佳(キタノ ユカ)
はり師・きゅう師(国家資格)|鍼灸教員養成課程卒業

私が初めて鍼灸と出会ったのは、きっと物心つく前からだったと思います。気がつけば母親に連れられ、小児鍼を受けていました。それからずっと風邪や頭が痛いときなど体に不調の出たときは、鍼やお灸にお世話になっています。
近頃では、鍼灸治療がメディアで取り上げられることも多くなり、20~30代の若い方や女性が多く受けられるようになりました。肩こりなど表面に表れている症状を治療しているうちに、身体の内側からも調子を整えてくれ、体質改善に繋がっていく。これが鍼灸の良さだと感じます。治療はもちろん、日々の生活のアドバイスもさせていただきます。つらい症状の緩和や体質改善、美容などのお手伝いをさせてください。

鍼灸師

鍼灸師

王子 由佳里(オウジ ユカリ)
はり師・きゅう師(国家資格)

高校時代にバスケ部のマネージャーをしていたのですが、怪我で悩む部員の姿を見て自分にできることはないのかなとよく考えていました。そんなとき、鍼灸のことを知り「これだ!」と思い、鍼灸師の道へ進むことを決めました。
鍼灸や東洋医学について学んでいくうちに、『未だ病にならざるを治す』という言葉に出会い、不調が出ないように、不調が出てもすぐに治るように日常からケアをしていくことが鍼灸の最大の魅力だと感じ、私自身も定期的に治療を受けるようにしています。
施術ではじっくりお話を伺い、おひとりおひとりに合った治療を行うことをモットーにしています。お気軽にお声かけ下さい。

鍼灸師

鍼灸師

佐藤 遥(サトウ ハルカ)
はり師・きゅう師(国家資格)

交通事故にあったときに初めて鍼灸を受けました。初めは、とても怖かったのですが、実際に受けてみると鍼をされたことにも気付かないほど痛みがなく心地いいものでした。
鍼灸が様々な分野で取り入れられていることを知り、その中で、女性科疾患や不妊、自律神経系に興味を持ちました。元々、名古屋で不妊や女性科疾患、自律神経の治療を中心にしており、行動心理士、不妊カウンセラーの資格も持っていますので、お力になれることがあるかと思います。おひとりおひとりに合った、丁寧で優しい治療をしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。